バックルガードの役割

役割建築現場や工場内において、作業服は欠かせないものです。その中でもズボンにはバックルガードが付いていることが重要だと言われています。しかし、このバックルガードとはどのようなものなのでしょうか。また、それはどのような役割を持っているのでしょうか。

バックルガードとはベルトを留めるバックルを表面に出さないような加工のことを指します。このような加工は主に作業服のズボンに用いられることが多いです。なぜ、このような加工を施しているかというと、バックルが製品や工具などにぶつかることを予防するためです。バックルがあたることによって傷や破損の原因にも繋がりますし、引っかかって物が倒れ、災害に結びつく恐れもあります。現場では雑渡に物が置かれていることもありますので、自分では気をつけているつもりでもバックルが引っかかってしまうということは十分に考えられます。このような事態を防ぐためにもバックルガードは重要視されるのです。

作業服のズボンにはバックルガードが付いているものを選びましょう。それは、他のものにぶつかることによって破損の原因になるだけではなく、災害に繋がる危険性もあるからです。安全な職場を目指すのであればバックルガードは外せません。

作業ズボンの機能性